晴耕雨読 雨のわブログ

petitrui.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 22日

塩らっきょう

b0126166_9403854.jpg



この、つやのある乳白色が子供の頃から好きだった。
白でも曖昧な白。蓋の白にらっきょうの白
光が加わるとさらに、ガラスの艶の白が加わって不思議な色合いになり
いつまでも眺めていたいような気がする。


らっきょうを漬けてみたい、というのは数年来の夢。
場所が無いのと、毎年母が実家から送ってくれるので作らずにいたが
とうとう今年、初めてらっきょうを漬けてみた。

らっきょうは一度、塩漬けにしてから塩抜きし、甘酢などに漬け込む。
塩漬けは、洗って端を切ったらっきょうを、水、塩、酢を混ぜた液で漬け
数日置いて塩抜きし、甘酢等に漬け込むもの。

酢、塩、唐辛子で漬けるのがオーソドックスな方法のようだけど
今回は塩と水だけで塩漬けする方法も試してみた。
それが、10日頃から白い沈殿物が発生。
何だろうと思いながら味見をしたが、痛んだ訳ではなさそう。
レシピを載せているサイトにフォローがないので
いよいよ困って、サイトに問い合わせ、返事を待つ事にした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
半日以内にレシピを担当する方から丁寧なお返事をいただいた。

結局、白い沈殿物は、らっきょうが発酵して出来たもの。
臭いもするけど正常な発酵が進んでいるから大丈夫、とのことだった。
その後
新しく作った3%の塩水に漬けなおし冷暗所で保存。
1ヵ月後には塩漬けらっきょうとして食べられる。

塩漬けらっきょうレシピのリンク
[PR]

by primenumber2 | 2009-06-22 10:42


<< 氷蜜として 金柑の蜜煮      金繕い、その後 >>