晴耕雨読 雨のわブログ

petitrui.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 09日

誕生木を植える

b0126166_11093637.jpg



母が杏の実を送ってくれました。
お菓子の入っていた丈夫な箱に丁寧に詰められたこの杏は、私が生まれた記念に植えられた木から採れたものです。小さな時からこの木に登り、青い実をすり潰したり集めたりして遊んで過ごした想い出がよみがえります。

紅く色づいた実ですが、食べてみると香りも味も水っぽい。きっと母は雨上がりに思いついて採ったのかと想像します。
雨の日にふと娘の事を思い出す。雨上がりに庭に出てみると杏の実はいくらか残っている。

母がどんな想いを巡らせたか。

私の誕生日は冬。その日には何も言って来ない母ですが杏の実が実る頃、花の咲く頃、紅葉する頃、季節折々に私を思い出している。この素朴な贈り物のやり取りは、とても母子らしく感じられます。

届いてさっそく玉青に供えました。





[PR]

by primenumber2 | 2016-06-09 10:31


<< 人は生けたら上品になるのか      ポチ袋 >>