晴耕雨読 雨のわブログ

petitrui.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:その他( 41 )


2016年 10月 07日

百歳の力


「作品に依って生きる」ことを選ぶというのは、すごい生き方だろうなと
思う。くじ引きのような結婚なんて、と一人でおり、自立するために書道教室をはじめ
戦中の大変な時も、戦後の苦しさも乗り越え、ほとんど海外渡航者のいなかった時代に
ニューヨークで個展を開いた。でも、この人の凄さは其処ではない。
同じことを続けていく情熱と、それを持続させていくための自己運用の能力がこの人を
特別にしているのだなあ、というのが本の感想だ。


百歳の力 (集英社新書)

篠田 桃紅 / 集英社




篠田桃紅の展覧会に行ってきた。

ドキュメンタリーに出演したことや著書が10万部突破したことで、作品よりも人物や著書を
先に知った人も多いようだ。展覧会場には「百歳の力」が山積みに置かれていた。

2005年にオープンした高級ホテル・コンラッド東京の作品(壁画)で近年も注目される作風は
墨の多様な表情を生かした線の作品、書の作品両方あったがどちらも観ているときれい、というよりは快い、気持ちよいという感覚をもつ。漢字圏の国の人がもつ「字を見る」という快さ余白の美しさ、と抽象画の自由さが一体となった新しいアートという感じで、とても新しく感じる。

線の美しさ、間合いのよさ、ほんの寸分の加減のようなものは、著書のなかにも漂っている。
ゆっくりと呼吸をするように読ませる言葉
墨の線は、私のこころのあとだという、作品に込められた思い。つくることとは続けること。
ものを作る人の心に沁みる言葉がたくさんちりばめられていた。
本の内容はそんなに厚くはないけれど、篠田桃紅の呼吸を感じるボリュームとしては適正なのかも
しれない。
展覧会ではアトリエの写真も展示されていたのだが、インテリアがとにかく素敵。温かみのある民芸的なファブリックに趣のある唐紙、座り心地のよさそうなソファがあって、そこに昭和感はみじんもない。感性の老けない人って本当にいるのですね。
30代の私でさえ、時々90年代感を漂わす瞬間があるのに、だ。

本当に、この人はすごい。
[PR]

by primenumber2 | 2016-10-07 20:37 | その他
2014年 06月 13日

雨の頃、午後の中国茶

b0126166_15492184.jpg



雨の頃は意外と身体が冷えるもの。
雨降りに遭った日の午後は中国茶で一服。身体が温まる。

雨も降り始め、これからもうひと雨来そうなときは、緑茶や青茶。
安吉白茶、文山包種、阿里山烏龍茶
緑茶は身体を冷やすので、飲み終わる頃は身体も涼しい。

雨降り後に冷え込む頃は、紅茶や密香茶もいい感じ。
発酵したお茶は身体を温めるので
飲んだ後もポカポカが続く。

最近は美味しい月餅やパイナップルケーキも身近に手に入る。
東京はにわかに台湾のお菓子も人気というし。

暑くなり、梅雨が始まり、身体を壊しやすいこの頃。
時々は遊びもそこそこに雨の日は家に巣ごもって過ごすのも楽しい。
[PR]

by primenumber2 | 2014-06-13 16:03 | その他
2014年 06月 09日

名前を付ける 名づけはもう一度生まれ変わること

b0126166_2103879.jpg



いけばなには雅号という名前をもつ習慣がある。
ペンネームみたいなもの。
 
私は、先生に一文字もらい、雨女なので、雨とついている。
韓国や中国で女の子の名前に雨が使われるが
日本では珍しいらしい。

時々、韓国の人ですか?と聞かれる。

雨は草木を潤し、育てる。
最近、盛んに雨が降って、ベランダの草木が傷まないか心配したけれど
雨後の草木の成長はすごいものだった。
雨のあとはいつもより草木の肌が青々と輝いて
体も大きくなった。 2日ほどで20センチ以上も丈が伸びたものもある。
すごいなあ、すごいなあと感心するばかり。

こんな雨の威力を感じて、私はなんとなく自分の名前が誇らしく、いとおしくなる。

盛んに恵みの雨を降らせるそんな人になれたらなあ、と思う。


そして、私の名前を一文字もらって雅号を作る女の子たちに
雨の文字は結構人気です。











因みに
ある程度のところまでお稽古が進むと、草月流では師範資格取得前に名前がもらえます。
[PR]

by primenumber2 | 2014-06-09 21:04 | その他
2014年 05月 26日

奈良オーガニックマーケット


b0126166_9304691.jpg




毎月最終日曜日にJR奈良で開かれているオーガニックマーケットへ。
おいしい野菜がなかなか手に入らない大阪の地で、大阪近郊にて行われる
市場はとてもありがたい。

b0126166_9294218.jpg



マーケットには、野菜だけでなく、パンや総菜を目当てにする人も多い。
パンは特に美味しい!
季節味のベーグル専門店、焼きたてのワッフル、マフィン
どれも小麦味が強くて、しっかりした味がする。

今回は、ほうれん草と、金柑のベーグルをお昼用に確保。


出店も多いので、まずは人気のパンを買い、気になる焼き菓子を選んで
屋台で淹れたてのコーヒーをいただく。起き抜けからコーヒーコーヒー
と騒いでいた夫がしばし大人しくなる。
おなかが落ち着いたら石けんや草木染めのお店をブラブラ。
なかなか可愛い。
9時近くになると、人がわっと増えていく。
朝市の雰囲気を楽しみたいなら早めがおすすめです。


b0126166_9312989.jpg



b0126166_9321850.jpg



新鮮なルッコラとほうれん草、時期のタマネギ
生でも甘い甘いスナックエンドウを買って終わり。

ちいさなマーケットなので、滞在時間は1時間ほどでした。
簡単に買い物を済ませた後、奈良公園や春日大社を散歩してベンチで昼寝。
久々にいい空気を吸って生き返る気分でした。

夕飯は、ベランダで採れたハーブとほうれん草で作るキッシュ
グリーンサラダ。


今度は水でも汲みにいこうかな。
[PR]

by primenumber2 | 2014-05-26 10:03 | その他
2014年 02月 15日

恒例 春の連花会

b0126166_1635083.jpg


ひなまつりの頃に連花会をやっています。
連花というのは、文字通り、いけばなを連ねるように活ける優雅な遊びです。
数年前、草月流では百人連花をやったっけ。


今年は花屋の社長さんチョイスで
ばかでかい桜を選んでくださったので、うちの人たちは大変。


わー、わー


みんな慌てふためき、大荒れの連花会になりました。


写真だと、さして大木でない桜ですが。。。。。


これは、連花会、というよりは大作のお稽古という風情だなあ。

優雅な雰囲気は皆無でしたが、みんな達成感いっぱいでテンションが高かった。

またやりたいです、とのことでした。

えー。


というこでみんな写真撮影(笑)
[PR]

by primenumber2 | 2014-02-15 16:02 | その他
2014年 01月 10日

引っ越しました

b0126166_15302434.jpg


久しぶりの投稿です。
ここ数年、本当に慌ただしい日々を過ごしていました。

やらなくてはいけない仕事のなかで、ついついブログは後回し

なんていう、気軽な理由ではなく


ただ無心に働く生活の中で
言葉が浮かんでこなかった、という感じです。




土中に籠る幼虫のように、養分を蓄えて
夢見るように変化することを待っている日々を数え



久々に見た風景は美しかった!

何もかも、輝いて見える。

素朴にうれしい。




そろそろ再開いたします。



今冬に森ノ宮に移りました。

以前の住まいから10分ほどしか離れていませんが
よりゆったり、静かな場所です。
[PR]

by primenumber2 | 2014-01-10 15:29 | その他
2011年 04月 15日

朝のコーヒー


b0126166_1518974.jpg





お稽古が10時過ぎに終わるため、わが家の朝は遅めに始まる。
それでも7時半には起きるが、しゃきっとはしていない。

「とりあえずコーヒー」
朝起きて、いちばんに頭に浮かぶのがこれ。
コーヒーがなければ朝が始まりません。

最近のブームは、コーヒー豆にブレンドしたスパイスを加えていれる
フレーバーコーヒー。
カルダモン、シナモン、クローブ、コリアンダー少々。

チャイ用に作ったスパイスパウダーを混ぜてみたら
意外に美味しかったので定番化した。
味は、いつものコーヒーの香りがちょっと華やかになる感じで
スパイス!!!という嫌みはない。

中近東では、古代の王様を毒殺から守る解毒薬として 重用されてきたカルダモン。
疲労回復、整腸効果がある。シナモン、クローブも胃薬の原料となり胃に良い生薬。
お菓子以外では摂りにくいスパイスなのでコーヒーで摂るのは
良い習慣だろう。




日頃、折々にちいさな楽しみを見いだすのは、生活をより良くする努力。
朝を大事にする事は一日を大事にするってことだなあ、と思う。

早起きしなくては。



 
[PR]

by primenumber2 | 2011-04-15 15:42 | その他
2011年 03月 23日

地震の影響?


今の住まいは築30年ほどになるアパート。
元々は大家さん一家が大所帯で済んだビル一等であり
ゆったりした間取りや窓の多い事が気に入って引っ越してきた。

大変住み心地のよいこの部屋、やはり老朽化も進んでいるのか
時々驚くようなトラブルが起こる。

先日は、玄関のドアを開けたら雨が降っていた。

(ちなみにドアは屋内。その日は晴天であった)

そう、かなり大規模な雨漏り!!
驚いて、ご近所に大家さんのお勤め先を聞いて回ったり
(皆知らなくて大騒ぎ!)
古いシーツを出したりして大慌てとなった。
連絡後、私は仕事であったため、間もなくその場を離れたが
主人は上の階の水をくみ出し作業に追われていた。

帰ってきて愕然、なんと原因は雨漏りでなく、トイレの水道管の老朽化。
先だっての地震の際に刺激が入ったのか、上水が吹き出したよう。

あちこちが古くなっている家は、メンテも大変だけど
不思議な愛着もわく。
今の住まいはやはり居心地がよい。
[PR]

by primenumber2 | 2011-03-23 22:17 | その他
2011年 03月 17日

心静かに

b0126166_1315462.jpg




未曾有の大地震。
大阪は横揺れのふわ〜っとした揺れが3分ほどあった位だけど
まさかあんなに大きな地震だったとは。

友人も被災しており、心配しているがきっと元気でいてくれているだろう。

静かに、冷静にできることを、と思い募金したり外国からくるお見舞いメール
の返事を書いて過ごしている。
冷静に今の状況を把握しなければ混乱のもととなる。
そうなれば人災である。

今日大阪は雪が降っている。東北の人は寒いだろうな‥…。
がんばって乗り切ってほしい。
[PR]

by primenumber2 | 2011-03-17 13:36 | その他
2011年 02月 25日

ひなまつり 白酒風ひな酒

b0126166_0273453.jpg



暖かくなったと思ったら、今度は花粉の季節。
サプリメントの対策も遅めに始めたのが良くなかったか、すでに鼻はズルズル。
花粉症の症状は人様だけれども、私は鼻と頭(頭痛)にくるなあ。
そして、ちょっと息苦しい。
こんなときは、昼大人しくして胸椎
(背中から見て肋骨から上、首から下あたりの骨)のケアを受けると
呼吸がぐっと楽になる。
今日は施術の日だから、ちょっと楽になるだろう。


上の画像は、プレひなまつりで出した白酒風雛酒。

本物の白酒は実はアルコール度が高く、入手も困難。
その点、酒粕で作るひな酒は手軽でアルコールの調節ができるのも良い。

我が家でつくるのは酒粕とお砂糖、日本酒で作るもの。
甘酒と原料はほぼ同じ。
しかし、ベタベタした甘さがなく、大人でもおかわりする美味しさ。

普通の甘酒と比べると、日本酒の分量が多く
和三盆糖のふわっとした優しい甘みと口当たりがよい。
すり鉢を使って作るのがポイント。

材料
酒粕(なるべく大吟醸のもの)100g
日本酒 大吟醸 200ml
和三盆糖 20g
グラニュー糖 20g
水 200ml前後(好みにより調節)

b0126166_0334668.jpg

b0126166_034378.jpg


酒粕と大さじ1杯程の水を入れ、レンジで600w1分間加熱する。
酒粕をすり鉢にうつし、和三盆糖を入れ滑らかになるまですり混ぜる。
ダマが殆ど無くなったらグラニュー糖を入れてさらに混ぜ
少しずつ日本酒を加えていく。
油気の無い鍋にうつし、
混ぜながら沸騰直前まで弱火で加熱し、ストレーナーで漉す。


しかし、お酒が好きな人は、いっそのこと
百歳(ももとせ)に因んで、桃の花を浮かべてお酒を飲む「桃花酒」!

皆様、よいお節句をお迎えください。
[PR]

by primenumber2 | 2011-02-25 01:07 | その他