<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2008年 01月 25日

誕生日 1月25日

b0126166_1920591.jpg


同じ誕生日の有名人はラグランジュにサマセット・モーム、池波正太郎などがいる。
池波正太郎と同じ誕生日なのは嬉しい。
とっても好きな小説家の一人です。
今年は赤い花束を貰いました。
[PR]

by primenumber2 | 2008-01-25 19:21
2008年 01月 21日

大寒 1月21日

b0126166_18481050.jpg


大寒は一年のうちで最も寒い日です、
うちでは大寒に大根と油揚げを炊いたものを食べます。

大根炊きの作り方
材料
直径15センチ程ある太めの大根を用意すると良い。
揚げは大きく分厚いものが向く。
こんにゃくはなるべく生芋のものが美味しい。
昆布カツオ出汁

昆布カツオ出汁は濃いめに出しておく。
私は普段の倍の鰹節を使う。
こんにゃくは灰汁抜きのため茹で、三角に切る。表面に網目状の切り込みを
いれると味がよくしみる。
油揚げはお湯をかけて油抜きをし、大きめの三角に切る。

大根は皮を5ミリ程の厚さで剥き、8センチほどの輪切りにする。
隠し包丁を3分の1くらいに深めに入れる。
隠し包丁をした後は面取りをし、10分程水につける。
かなり大きいが、隠し包丁をしているので案外早く炊けます。

耐熱容器に大根を入れ、水を張り、レンジで10分加熱。
一旦出して水を換え米を数粒入れて15分〜20分ほど加熱する。

ル・クルーゼ鍋に下ごしらえした大根 こんにゃく、油揚げ、出汁を入れ強火にかけ
沸騰前に中弱火にし、そばつゆより少し薄いくらいの味付けをし30分程煮る。
(大根の大きさに応じて変わる)
味付けは醤油とみりんをほんの少し。
必ず落としぶたをする。
大根に箸がさせる程柔らかくなったら出来上がり。
30分ほどおいて食べた方が味が滲みて美味しい。


2人家族であれば4日程食べられる量なので
作るのは面倒だけど、安くて後はラクチン。
[PR]

by primenumber2 | 2008-01-21 19:15
2008年 01月 07日

七草粥 1月7日

b0126166_1844286.jpg


正月気分もここまで。
7日を過ぎればもう正月ではなくなる。

春の七草‥…せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな      
      すずしろ
地方には七草囃子(ななくさはやし)という歌がある。
これを歌いながら七草を刻む。

七草なずな 唐土の鳥が飛ばないうちに
ストトントン


お粥は必ず、生米から炊き、仕上げに餅ひとつを角切りにして入れること。
塩をしっかりきかせると美味しく仕上がります。
[PR]

by primenumber2 | 2008-01-07 18:45
2008年 01月 06日

エピファニー(公現祭) 1月6日

キリスト教の行事の一つ。
通常、この公現祭まではクリスマスツリーを飾る習慣。
日本では今ひとつ浸透しないが、ガレット・デ・ロワはパン屋さんで
見かける事が多くなった。
パイの中身はアーモンドクリームが入っており、中には本来フェーヴという
陶器製の小さな玩具が入っている。
今年はドンクのガレット・デ・ロワを買ったが、フェーヴのモチーフは切手。
外付けになっており、パイの中にはかわりに丸ごとのアーモンドがはいっている。
パイを食べてアーモンドが当たった人は祝福され、1日王様になれる。
この権限を使った事はないが。
冷やしたシャンパンとともに一年の始まりを祝いましょう。
[PR]

by primenumber2 | 2008-01-06 18:36
2008年 01月 01日

元旦 1月1日

b0126166_18252091.jpg


あけましておめでとうございます。
b0126166_8423866.jpg


正月には若水汲み、という行事がある。
おばあちゃんに訊いたところ、昔は台所に鏡餅を飾り、新年に井戸からくみ上げる
お水でご飯を炊くことを指すそうなのだが、私はこれをしたことがない。
お水や井戸の神様への挨拶なんだろう。
何も知らなくても、正月の水は不思議と澄んでいて美しい。
空気と水が澄んでいて、街中の雑踏のなかでも清々しく感じる
それが正月。
少しずつ正月行事も覚えたい。
[PR]

by primenumber2 | 2008-01-01 18:25