晴耕雨読 雨のわブログ

petitrui.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 31日

大晦日ーおせちの準備

b0126166_1541194.jpg



今日は大晦日。
29日からじりじりと買い集めて来た食材を一気に調理する。
朝から数の子、なますと進んで野菜の煮物。
お昼前にサクッと煮物まで済んだのでひと安心。
家族に松葉銀杏を作るのを手伝ってもらい、手っ取り早く済ませた。

b0126166_15412566.jpg



ちなみにこの皿、縦の直径は50センチ近くある。(つまり大量)
でかいです。ほんまに。
この皿はフランスに滞在したとき、(自分の)お土産に買ったもので
ローストチキンを入れる為の専用皿らしい。
日本に持って帰ろうとしたら、買物に付き添ってくれた知り合いが呆れていました。
ささやかに見えますが、明らかに10人分以上はあります。

隣にタバコでも置いとけば分かり易いのに(笑)。
[PR]

by primenumber2 | 2008-12-31 15:51
2008年 12月 29日

しだれ柳をいける

b0126166_23461035.jpg



正月の時期に一番楽しみにいけるのがしだれ柳。
清楚で厳かな雰囲気も持っているので大好きだ。

今年はちょっと目先を変えて、結んだ枝先に稲穂を引っかけてみた。
根締めには胡蝶蘭。五穀豊穣を願って。
胡蝶蘭が入るときには、豪奢な雰囲気になって部屋と調和のとれない事が
あるが、今回のはうまく部屋の色合いに馴染んだ。



ホームページができました。
まだ改良中の部分もありますが‥…

Ikebana garelly 草月流いけばな教室


人気ブログランキングへ

ブログランキング ドット ネット
[PR]

by primenumber2 | 2008-12-29 23:55 | いけばな
2008年 12月 22日

クリスマス、正月を兼ねる花

b0126166_16261667.jpg



若干暗い写真になったが、胡蝶蘭をはっきりさせるため明度を抑えた。
南天は「難を転じる(逃れる)」といわれ、縁起の良い花材。
お供え用の小松に添える実だけの南天を、花屋さんに分けてもらって
胡蝶蘭とあわせてみた。
マッスでいけてみる。胡蝶蘭はそのままで立派なマッス。
この取り合わせは持ちがいいので手入れが少なくて良い。
投げ入れはポーランド製のガラスの投げ入れ。
下の写真は横からみたところ。

b0126166_16243068.jpg





ホームページができました。
まだ改良中の部分もありますが‥…

Ikebana garelly 草月流いけばな教室


人気ブログランキングへ

ブログランキング ドット ネット
[PR]

by primenumber2 | 2008-12-22 16:37 | いけばな
2008年 12月 18日

松飾り

b0126166_9524423.jpg



正月飾りは正月事始め(12月13日)から徐々に飾り始めるが
最近は直前に用意することが多いようだ。
会社ならば仕事納めの28日前後だろうか
遅くなっては大晦日になるのも珍しくはない。
大晦日に飾るのはあまりにも遅すぎるし、29日も縁起が悪いと敬遠される。
どのみち直前になって松飾りを飾るのはあまりいいことではないようだ。
大晦日になってユズリハやウラジロが手に入らず困っている人を
スーパーで見かけた事もある。

さて松は神様の降りてくるところ。玄関外や門に飾る。
やはり根付きが縁起もよいし、恰好もいい。
稽古納めで使った根引き松を応用して作った。

水引の規則。
水引は、はじめ赤を右にし、左には白。
上下の場合、赤が下に来て、白が上にくる。

折った和紙に水引だけでシンプルだが、根が付いているだけで
とても贅沢した気分。


ホームページができました。
まだ改良中の部分もありますが‥…

Ikebana garelly 草月流いけばな教室


人気ブログランキングへ

ブログランキング ドット ネット
[PR]

by primenumber2 | 2008-12-18 20:17
2008年 12月 13日

正月事始め


今日は正月事始めの日。
これから年神様を迎える準備がはじまる。
[PR]

by primenumber2 | 2008-12-13 19:46
2008年 12月 10日

正月の準備ー本来のお屠蘇

b0126166_9535849.jpg



師走も10日を過ぎるとじわじわ正月準備が始まる。
我が家には車が無いため、まとめ買いは大変な労力を要する。
ひと月をかけて普段の買物のついでに、じわじわと準備をするのが習慣となった。
昨日は買物に出たついでに「お屠蘇80円」のポスターをみかけて
薬局によりこれを購入。

お屠蘇はお神酒と混同されている。
お屠蘇は中国の唐代から飲まれており、平安時代に伝わった。
本来、飲むのは日本酒ではなく薬酒。
「悪鬼を屠り、死者を蘇らせる」という意味がある。
これを家族で飲むことで一年の健康を祈願するということなのだろう。


買って来たお屠蘇(の元)はきれいな和紙に包装され80円。
中にはティーバッグになった漢方薬がはいっている。
養命酒や胃薬のような、少し甘い香りがする。
これを6時間ほど日本酒につけて、砂糖かみりんで甘くして出来上がり。

b0126166_9541883.jpg

[PR]

by primenumber2 | 2008-12-10 10:15
2008年 12月 09日

クリスマス花

クリスマス花を第三応用傾真型でいけてみた。
第三応用は三方正面の花、三方の方向から鑑賞されるように活ける。

せっかんすぎ(雪冠杉)、柊、アルストロメリア、クリスマスブッシュ

b0126166_956394.jpg

[PR]

by primenumber2 | 2008-12-09 21:16
2008年 12月 08日

根が生えました! ヒヤシンス水栽培

b0126166_101674.jpg


一ヶ月間冷蔵庫で眠っていたヒヤシンス。
根が十分に生えたところで外に出すことにした。
日の当たる、少しひんやりとする場所においてればそのうち
丈夫な根が生えてくるだろう。
今は若干頭が出ただけの球根に猫が興味津々で近づいていく。

b0126166_1012658.jpg



b0126166_1015111.jpg

[PR]

by primenumber2 | 2008-12-08 21:42
2008年 12月 03日

銀杏の葉を採取

b0126166_2218019.jpg



銀杏の葉をレリーフの材料にしようと思い、近所の公園に拾いに出掛けた。
きれいな銀杏を拾うのは一苦労。すっかり腰が痛くなった。
家に持ち帰り、軽くぞうきんで汚れを落としたらアクリル画に使うメディウム
を水で薄めたものを塗り、クッキングシートの上で乾かす。
銀杏の葉だけでは淋しいので、牛の一刀彫の置物を置いてみた。
おとぎ話の世界のようだ。
[PR]

by primenumber2 | 2008-12-03 16:57