<   2009年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2009年 03月 30日

色を活ける

b0126166_15391848.jpg


4月を目前にして、新しいことに挑戦する友人が増えて来た。
仕事に関連した資格試験や楽器、英会話レッスンなど。
いけばなも、始めるなら春が一番いい季節。
葉は若く瑞々しいし、樹木の性質もしなやか。
この時期に入門する人は多いだろう。
私も大学の春休みが終わった頃入門した。

「いけばな」のお稽古は
今の時代にとってはちょっと風変わりな習い事かもしれない、と
この頃思う。最近の習い事とはペースが違うのだ。
とにかく、今の習い事はスピードと回収の高い見込みが重要。
ある20代前半の友人は、一日一日を惜しんで努力し
成果を出そうと頑張っている。資格試験に英会話、まめにノートなどとり
週末は勉強。彼女を見ているとすごいなあ、と感心してしまう。

一方、「いけばな」は半ば惰性的(習慣的)に稽古場に行き
一杯を活けるだけの、シンプルなものだ。
楽しい一杯のときもあれば、この上なく苦しい一杯もある。
やる気のない一杯も続けていれば時々はある。
ただ、何があっても稽古場に行くことは止めない。
楽しい時はよりよく勉強し、楽しくない時はそこそこにやる
このペースが思いのほか重要だ。

努力で培われる感性もあれば、時間が育んでくれる感性もある。
スピードアップ、合理化の世界の中で
「いけばな」は、ゆっくり育ちなさいと言ってくれる。
(もちろんいつも学ぶ姿勢がなかったら上達しないが)
免状をとるまで普通のペースで4年程度。
この、長い時間設定の所以はここにあるのだろう。

猪突猛進型のその友人は、努力の人だが飽きっぽくもある。
ハイテンションはそう長くは続かないもの。
穏やかに、長く長く付き合えるものをひとつ持つと
心が落ち着くものだ。
そういうものを持つ幸せを、多くの人と分かち合いたい気持ちで稽古している。

ツツジ、レンギョウ

HP Ikebana garelly 草月流いけばな教室
[PR]

by primenumber2 | 2009-03-30 15:29 | いけばな
2009年 03月 28日

そろり

b0126166_2126376.jpg


前回に続いてツツジ。
今回は花持ちがよく、きれいに咲いているのでうれしい。

そろりは古来より茶席の花入として使われて来た道具。
床の間も良いけど、リビングにあっても素敵。

三つ葉ツツジ、トクサ、キイチゴ

HP Ikebana garelly 草月流いけばな教室
[PR]

by primenumber2 | 2009-03-28 21:29 | いけばな
2009年 03月 24日

ツツジと、トクサと

b0126166_1842212.jpg


街なかで、花を愛しんで育てている人が沢山いる。
君子蘭、シンビジウム、紫式部、南天、檸檬、琵琶、クリスマスローズ
見事なエンゼルトランペットに宝石のような白玉つばき。
皆それぞれ立派なもの。
狭い場所に吟味された植物が、丁寧に世話されて生き生きとしている。
それぞれの種類によって小さな名所が沢山あり、それを目当てに眺めると
やっぱり今年も咲いていてうれしい。

春になると目に飛び込んでくる色は、やはりピンク。
桜、梅、ボケは勿論、庭先に咲いている桜草も魅力的な色合い。

三つ葉つつじ
[PR]

by primenumber2 | 2009-03-24 18:53 | いけばな
2009年 03月 22日

『陰翳礼讃』に習う

b0126166_16221374.jpg


「陰翳礼讃」を久々にとりだして読んでいる。
谷崎潤一郎が日本の美、とりわけ陰翳について考察した名随筆。

日本人は曇った金属の、鈍い色や質感を好み
闇の中に溶け込んでいくような深い色合いに美を見いだしてきた。
漆器、床の間、蝋燭の光、障子、食べ物‥…。
話は日本女性の肌やお歯黒に至るまで幅広い。
それを西洋との比較や具体的な事例を挙げて、分かり易く書かれている。

例えばこれは羊羹に関するくだり。

だがその羊羹の色あいも、あれを塗り物の菓子器に入れて、肌の色が辛うじて見分けられる暗がりへ沈めると、ひとしお瞑想的になる。人はあの冷たく滑かなものを口中にふくむ時、あたかも室内の暗黒が一箇の甘い塊になって舌の先で融けるのを感じ、ほんとうはそう旨くない羊羹でも、味に異様な深みが添わるように思う。

これを読んで、急に羊羹が食べたくなった。
(単純過ぎだろうか)
この本のなかで、最近は電灯が煌煌とついていて日本らしい風情が失われている、と
谷崎潤一郎は嘆いているが、これが書かれたのは昭和8年。
まだ今よりずっと暗かった時代。
昼も夜も分からなくなった日本の夜の明るさを
草葉の影でどう思っているのだろう。

試しに蝋燭の灯りで本を読んでみる。
初めは薄暗く読みづらく感じたが、目が慣れてくるとハッキリ見え
長く読んでも目が疲れにくいように感じる。
朝の目覚めもよい。
電灯もつけられず昔の人はさぞかし不便だっただろうと信じきっていたが
今の日本人とは違う色合いを見て過ごし、それなりに豊かに暮らしてきたことが
この試みで少し垣間見えるように思う。
煌煌とつく電灯の灯りは単調で、何処までも明るく部屋を照らし
深い漆器の色合いも、透けるような羊羹の色の快さも失ってしまった。
文明を後戻りすることなど叶わぬ事で、これは愚痴のようなものと
著者は書いているが、この快さを今の文明の中に取り入れる事が
本当の進化のように、私は感じる。

まずは無駄な灯りを消し、いけばなに陰翳を登場させる。
これが私の命題。
まず、電灯好きの夫と戦わねば‥…。
b0126166_1621273.jpg




[PR]

by primenumber2 | 2009-03-22 17:30 | 美術
2009年 03月 22日

真夜中の作業

b0126166_0122548.jpg


先日、実家からはっさくが大量に送られて来た。
さすがに生食では消費出来ないのでコンポートにすることに。
せっせと皮をむいてシロップを作り、保存瓶に入れ瓶ごと鍋で煮る。
こんな事をしているうちに夜中の2時、3時と時間が過ぎていく。

花粉症のせいか、今のシーズンはどのみち不眠症気味。
どうせ寝られないなら、何かしたほうが気がまぎれるもの。

b0126166_0124617.jpg


我が家の猫達も午前3時はお眠の時間。
なーちゃんもウトウト、勉強していた夫もウトウト。
[PR]

by primenumber2 | 2009-03-22 00:30
2009年 03月 20日

春分の日

b0126166_13511570.jpg



今日は春分の日。大阪はきれいに晴れたのでお墓参りに行く人も多いだろう。
我が家のお墓は住まいから遠く離れたところにあるので
春分の日は大掃除をし、お線香をあげ、おはぎを食べる行事。
久々に部屋じゅうの窓を開け放ち、拭き掃除をし、久々に花もはいる。

時々こうして、亡くなった友人、家族、動物のことを思いながら
花を活け、仏壇も無い家でお線香を焚くのは特別な感じがする。
あいにく花屋には菊や蘭の類以外なく、金額も随分と高いので
花はベランダでとった椿や柳、クリスマスローズとなり
いつになく質素な雰囲気だが、それもまたよし。

花留めに珊瑚、椿、キウイ

HP Ikebana garelly 草月流いけばな教室
[PR]

by primenumber2 | 2009-03-20 14:02 | いけばな
2009年 03月 11日

染色工房の見学ー京都

b0126166_13431091.jpg


京都、上京区にある同志社大学の周辺には
日本の伝統文化に触れる良い施設がたくさんある。
京都まで一時間数分、という好適な立地条件に住んでいる身としては
地の利を生かして種々の工芸品に親しみたいもの。

今回は、以前から気になっていた「ひなや」の工房で
草木染めの作業工程を見学させてもらった。

b0126166_12502476.jpg


なかに入ると養命酒のような甘い香りがする。
原料を煮出す釜や、洗いに掛けるための水槽が置かれ
人の手で丁寧に作業が進められていた。
まるで料理をしているような作業の様子。

原料は蓬(よもぎ)、丁字(ちょうじ)
夜叉五倍子(やしゃぶし)、藍(あい)などの植物。
漢方薬になるようなものが多く、長く工房に勤める人は肌がきれいになるという。

上の写真は藍で新作の試作品を染め、水に浸したところ。
b0126166_1250351.jpg


ある程度染まったら乾かしてみて様子を見る。
写真には映っていないが、布の端をドライヤーで乾かし色を見ていた。
乾いた時の色とぬれた物とでは全く印象がちがうのには驚く。
b0126166_1252157.jpg



別棟にあるショールームで自分用にスカーフを購入。
蓬独特の淡いグレーが気に入ったので。

薄くても空気を含んで暖かく安いマフラーのように肩がこる事も無い。
素っ気ないワイシャツのなかにカラーがわりにいれると
きちんと見え、少し華やかな印象になる。
ケバさがないのもよい。
自然の色合いは顔なじみがいいので、少しデコラティブなデザインでも
すんなりと巻ける。

一度使えば必ず病みつきになる魔法のスカーフ。
染色の体験教室もあるようなので、次回申し込んでみようと思う。
[PR]

by primenumber2 | 2009-03-11 13:43 | その他
2009年 03月 10日

京都にお出かけ

b0126166_2055751.jpg


京都の「喫茶スマート」のプリン。
カフェやレストランの食べ物は
あんまり載せないことにしているが、あまりに美しかったので♪

今日は、京都にある染色の工房を訪ねたり
竹細工も行なう古い竹材店をチェックしたり
そんなことで、工芸一色の一日だった。
(工房の写真等はまた今度)

京都は歩くので一休みが多くなる。
京都に来たら、四条のインド料理店「アショカ」でランチをとり
寺町通りの「喫茶スマート」でコーヒーを飲むのがいつものコース。
大学生のときから半ば習慣のようにそればかり。
宝石のような懐石弁当も、ハイソな京風フレンチも全く無視してインド料理。

そういえば、ミレニアムを迎えるあの大晦日も夫と二人で京都にいた。
そしてやっぱりインド料理屋でカレーを食べており
のんびりしすぎて現世に一回きりの大文字焼きを見逃した。

そして今日も
「最近シェフ変わったな。味があっさりしてる」
(インド料理はシェフが変わるたびコロコロ味付けが変わる)
なんて思いながら、やっぱりカレーを食べていた。

多分、20年後もランチは懐石にはならないな、と予感している。


b0126166_2054815.jpg



カレーのあとはやっぱりコーヒー。
カップのデザインがいつ見ても素敵。
[PR]

by primenumber2 | 2009-03-10 21:20 | その他
2009年 03月 09日

もう1歳

b0126166_20123032.jpg



去年、うちにやってきたジャズ、今月で1歳になった。
今週ついに避妊手術を受ける。

女の子らしい動作が増えたジャズ。遊びはもっぱら何かをくわえて運ぶ事。
長いしっぽを、白猫をからかうようにさばき、ここのところは
沢山おしゃべりするようになった。
そんな愛おしい習性は手術を受けた後も失って欲しくないな、と思う。
[PR]

by primenumber2 | 2009-03-09 21:00
2009年 03月 08日

International Women's Day

b0126166_2257038.jpg



3月8日は女性の日。
ヨーロッパやロシアなどでは男性がミモザアカシアの花を女性に送る日で
「国連事務総長が女性の十全かつ平等な社会参加の環境を
 整備するよう加盟国に対し呼びかける日」
となっている。
男女平等やフェミニズムに関して考える日という主旨なのだろう。

フェミニズム。。。



ミモザアカシア、クリスマスローズ
[PR]

by primenumber2 | 2009-03-08 00:10