<   2009年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 27日

焼きトウモロコシ、ニンニク醤油を使って

b0126166_1442728.jpg



土曜日の昼はゆっくりと食事がとれるのがうれしい。
今日はそうめんと、人参の炒め物、そして夫が焼いたトウモロコシ。
普段は殆ど料理をしない人だが
子供の頃からトウモロコシを焼くのは得意らしく
魚用グリルで上手に焼いてくれた。
噛めばしっかりした食感と凝縮した甘みが感じられる。
スナックのような美味しさというか。
しっとりした塩ゆでが好きな私も、これは例外的に好物だ。

今日は、蜂蜜醤油漬けのついでに作った、ニンニク醤油
(ニンニクを醤油に漬けただけ)をつけて焼いた。
普通の醤油を使った時より、仕上がりがしっとりし風味も良くなる。

夫に焼き方のコツを聞けば
「強火で3分程ごとに90度回転させる」
と厳密な回答が返ってきた。

さすが、理科系人間。
[PR]

by primenumber2 | 2009-06-27 14:58
2009年 06月 25日

アーティチョーク

b0126166_19234022.jpg



今日は自分のお稽古のために梅田へ。

上の写真は片付けの際にテーブルに置いたアーティチョーク。
紫、モスグリーン、白、赤、黄色、オレンジ色
二種類の材料で、今日の花にはこんなに沢山色が入っている。
二つの取り合わせのなかに、色相環のなかの青を除いた色み全てがあるのに今気付いた。
これは案外と珍しいことかな、と思う。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スピーカーを買って以来、クラッシックへの情熱が再燃した。
朝から音楽の話で盛り上がる。
今朝の選曲は
ブレンデルのモーツァルト ピアノ協奏曲15、21番
ビオンディ(Europa Galante)のヴィヴァルディ マンドリン協奏曲

朝のモーツァルトは気合いが入るので、ここぞというときに聴く。
低血圧でスタートが遅い私なりの対策だが、本当に頭が冴えてくる。
ブレンデル、残念ながらコンサート活動は引退したそうで
それを知った時には大変なショックを受けた。
一度は生で聴いてみたかったな‥…。

コンサートつながりでは、今日丁度、コンサートのチケットを取り損ねたことに
気がついた。大阪シンフォニーホールでやる五嶋龍のコンサート。
まさか、クラッシックの席が埋まるなんて‥…と絶句。
調べてみると、当日完売のことも多いそうで、これには大変驚いた。
オスカー・ピーターソン(ジャズだけど)の公演でさえ数日前で取れたのに‥…。
やはり「情熱大陸」、マスコミの力か。

まあいいか、まだ若いからブレンデルのようなことにはならないだろう。
[PR]

by primenumber2 | 2009-06-25 21:14 | いけばな
2009年 06月 23日

氷蜜として 金柑の蜜煮

b0126166_9313057.jpg


すっかり暑くなり、クーラーのお世話になる時期になった。

最近の夜の楽しみはかき氷。
先日衝動買いした「電動かき氷機」で氷を削り、春先に作った
苺のコンポートや金柑の蜜煮をかけて食べる。
コンポートの糖度は氷蜜と大体同じなので蜜ののりが良い。

金柑のシロップは、糖分の半分が蜂蜜なのでコクも香りも強くて美味しい。
柑橘なので後味もさわやかなのが気に入っている。
淡い色も上品。
苺のコンポートには少しキルシュを混ぜて食べると香りが良い。
氷の白に赤いシロップはやっぱり良く似合う。

衝動買いしたかき氷機だが、手回しよりも味がいいように思う。
気のせいだろうか。
お陰でファミリーパックのアイスクリームを買う機会がなくなり
健康にもよろしかろう、と喜んでいる。
[PR]

by primenumber2 | 2009-06-23 10:02
2009年 06月 22日

塩らっきょう

b0126166_9403854.jpg



この、つやのある乳白色が子供の頃から好きだった。
白でも曖昧な白。蓋の白にらっきょうの白
光が加わるとさらに、ガラスの艶の白が加わって不思議な色合いになり
いつまでも眺めていたいような気がする。


らっきょうを漬けてみたい、というのは数年来の夢。
場所が無いのと、毎年母が実家から送ってくれるので作らずにいたが
とうとう今年、初めてらっきょうを漬けてみた。

らっきょうは一度、塩漬けにしてから塩抜きし、甘酢などに漬け込む。
塩漬けは、洗って端を切ったらっきょうを、水、塩、酢を混ぜた液で漬け
数日置いて塩抜きし、甘酢等に漬け込むもの。

酢、塩、唐辛子で漬けるのがオーソドックスな方法のようだけど
今回は塩と水だけで塩漬けする方法も試してみた。
それが、10日頃から白い沈殿物が発生。
何だろうと思いながら味見をしたが、痛んだ訳ではなさそう。
レシピを載せているサイトにフォローがないので
いよいよ困って、サイトに問い合わせ、返事を待つ事にした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
半日以内にレシピを担当する方から丁寧なお返事をいただいた。

結局、白い沈殿物は、らっきょうが発酵して出来たもの。
臭いもするけど正常な発酵が進んでいるから大丈夫、とのことだった。
その後
新しく作った3%の塩水に漬けなおし冷暗所で保存。
1ヵ月後には塩漬けらっきょうとして食べられる。

塩漬けらっきょうレシピのリンク
[PR]

by primenumber2 | 2009-06-22 10:42
2009年 06月 20日

金繕い、その後

b0126166_12573118.jpg



今日、ついにパソコンの外付けスピーカーを買いに行く。
以前から欲しかったスピーカー、決断の決め手はパガニーニ。
バイオリンの名手であり、難曲を書くので有名で
シューベルトもリストも大きな影響を受けた。
悪魔に魂を売り渡した代償に授かった才能、と誉れ高かったそうだ。

夫の影響で古典派やバロックをメインに聴いていたが
五嶋龍のパガニーニを聴いて気に入り早速 iTune storeでダウンロードした。
PC内蔵スピーカーではね、だいぶ情報落ちてるんだろうな。
スピーカーが変わったらもっと厚みがあるだろう。
そう思うと胸が躍る。

上の写真は漆かぶれの結果。
夫の茶碗の金繕いがやっと完成した。
職人さんのようにはきれいに出来ないが
見た目は前よりずっとよくなったと喜んでいる。
[PR]

by primenumber2 | 2009-06-20 13:26 | その他
2009年 06月 18日

漆かぶれ その後

b0126166_10335888.jpg


漆かぶれを起こして5日目。
かゆみで寝られない日もあったが、だいぶ治って来た。
ステロイドを中止し、薬局で買ったかゆみ止めのクリームを使っている。

これが思いのほか良い効果をもたらした様子。
クリームを塗り、包帯でガードするのが一番。
かゆみを感じず、その上乾燥も防ぐことが出来る。
外部の刺激を遮断出来るのでストレスも無い。
とってもいい感じ。

手が使えないお陰で日々の作業から遠のいた数日。
すこし淋しいような、戸惑うような気持ちで眠るせいか
朝になると身体が猫のように丸まっていた。
胎内回帰のポーズ。
手が使えないのに堪えているのだな、と思う。
寝姿というのは、案外と精神状態が出るもので
おおらかな時は大の字だが、不安な時は身を縮めたり
観察すると面白い。

夫はいつも死体のようにまっすぐ寝る。
365日、同じ姿。
身体が辛い日も、悲しい日も変わらない。
あまりに無感情な姿で眠るので、夜見ると充電中のサイボーグのようだ。
鈍感さは時として強さとなる。
夫はまさにそんな人である。
[PR]

by primenumber2 | 2009-06-18 11:05 | その他
2009年 06月 11日

杏の木のこと

b0126166_21442369.jpg


私には毎年、楽しみにしていることがある。
それは、実家の庭にある杏の木の実が熟したどうか、母に聞くこと。

私が産まれた記念に祖父が植えてくれた木。
子供の頃この木に登り、青い実をすりつぶして遊んだり
杏酒やジャムを作る手伝いをした。
近所の人たちも毎年、ビニール袋をもって穫りにくる。

私の生涯のライバルはこの木。
この木が豊かに実をつけるのを見ると、私も負けてはいられないと思う。
人が育つのは時間のかかるもの、けれども木に追い越されてなるものかと思う。

母が実家から送ってくれた実はまだ未熟で酸っぱい。
少し熟したらシロップ漬けを作ることにしている。
[PR]

by primenumber2 | 2009-06-11 21:57 | その他
2009年 06月 06日

草月流 いけばな展[赤と黒]

b0126166_1940402.jpg


新宿の高島屋で行なわれている草月流 花展[赤と黒]に行って来た。

つづきはこちら‥…
[PR]

by primenumber2 | 2009-06-06 20:11 | いけばな
2009年 06月 03日

にんにく蜂蜜醤油漬け

b0126166_121336.jpg

母からのふるさと便は気まぐれにやってくる。
明らかに家族構成を無視した量である。
学生の頃は箱一杯のトウモロコシ、茗荷などに悩まされたが
時々どっさりと送られてくる野菜や果物を無駄無く食べる為に
私の保存食作りも徐々に進化していった。
これは、なかば母に対する挑戦。
今回やって来たのは大量の生にんにく。
どこかでもらってきたのか、自分の畑のものか、土付きでみずみずしい。
これは放っとくと黴が生えるので大急ぎで加工にかかる。

「にんにく蜂蜜醤油漬け」の続き‥…
[PR]

by primenumber2 | 2009-06-03 12:13