<   2009年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2009年 08月 31日

五嶋龍コンサート ミーハーと呼ばないで

b0126166_14272219.jpg



8月はコンサート、演劇にさかんに出掛けていた。
ここ2週間の間に3つ、これは近年でも稀な事。
アフリカンドラムのライブでは、客席すべてに置かれた
ちいさな太鼓を叩きまくった。あとは、例年の大阪城「薪能」。
そして、極めつけはこれ。

思いがけず手に入れた「五嶋龍」のコンサート。
子供の頃からドキュメンタリー番組が制作されるなど
マスコミの注目度も高く、チケットは当日完売、入手困難、希有な音楽家だ。
私たち夫婦はバロック音楽がベースのクラシックファン。
今回の曲目で注目するべきは、やっぱりバッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ。

ベートーヴェンのヴァイオリンソナタから始まったが、ちょっと変な空気。
リラックスしたムードも、興奮ムードもなく、聴衆の小さな身動きも無い
雰囲気に戸惑う。
バッハに進み、徐々に調子が出て来ても「タテノリ」の人は
見当たらず、思わず周りを見ながら小さく身体を揺らす。

無伴奏ヴァイオリンソナタはヴァイオリニストにとって大きな目標になる
曲目らしい。我が家では、同曲でクイケンの録音を聞いているが
全く別ものに聴こえる。五嶋龍の演奏は低音部があまり効いておらず
厳かなバッハ的な雰囲気をあまり感じなかった。
(楽器のせいもあるのか、その辺の理由はよく分からない)

しかし、五嶋龍といえば、パガニーニ。
ミルシュタインのパガニーニアーナ、サンサーンスに次いで
アンコールのパガニーニ、「ゴッド・セイヴ・ザ・キング」
はとってもよかった。
パガニーニの生演奏は初めて見たが、見せて楽しませる仕掛け満載の
パガニーニのアイデアに重ねて驚き、演奏もすばらしかった。
ピチカートの音の可愛らしいこと。
思わず躍り出したくなる楽しさ!
(本人も楽しそうに弾いていた)

同年代にすばらしい音楽家がいることは幸せなこと。
同じ時代を生きて、音楽家の成長とともに
自分も将来こうなっていたい、と意を固くする。
良い録音を聴いたらうれしい、また自分も頑張る。
音楽と私はそんな関係にある。
英気を養えたかな。いい一日だった。


ただ、ちょっと気になる事。
注目度の高い五嶋龍。
パンフレットを見れば、気の毒なぐらいマスコミ臭を感じるのだ。
CDのジャケットにもミニ写真集がついていてアイドルみたい。
ちょっとギョッとしてしまう。
周りの人々に振り回されず自分の音楽を追求して欲しいなあ。
[PR]

by primenumber2 | 2009-08-31 15:26 | その他
2009年 08月 22日

宇治への旅 つづき


b0126166_20461333.jpg



お盆のため、暫く放置していた「宇治の旅」のつづき。
平等院鳳凰堂と同じ路線上にある、京阪宇治線「黄檗」駅に降り、萬福寺へ。

萬福寺のつづき
[PR]

by primenumber2 | 2009-08-22 21:25 | その他
2009年 08月 15日

送り火

b0126166_21401329.jpg



15日、とうとう送り火の日。
先ほど、経木とおがらを燃やし、花火をして帰って来た。

数日間
盆棚づくり、花を立て、なすの牛馬を作ったり
よもぎ餅を作って供えたり
毎朝のお茶汲みにお供え、お線香の香りのする朝は
なにかホッとするものがあった。

また、どことなく賑々しい雰囲気もあり
我が家の猫達も大層楽しそうだった。

日本人は季節の行事を基にして生活リズムをつくり
神仏とともに共食してきた。
節目があるから日頃の生活が楽しいのだ。
だから頑張れる。

また明日からケの日に元通り。
がんばっていきましょう。
[PR]

by primenumber2 | 2009-08-15 21:56
2009年 08月 13日

お盆、いろいろ

b0126166_2249823.jpg



お盆は、言わずと知れた国民的行事。
基本は8月13日〜15日。
主には仏教に由来する行事で、盂蘭盆会に基づく先祖供養の風習が
次第に簡略な形をとって今の形になったという。

色々なやり方があるが、大阪のスーパーで売られる盆セットでは
こんな感じ。

迎え火、送り火に焚く「おがら」や「真菰」といわれるい草の香りのする
敷物を盆棚に敷き、その上にお位牌や蝋燭、線香立て花等立て
茄子やキュウリで作った牛馬など置いてにぎやか。
その脇には、彩りの良い落雁や果物などお供えして華やかに飾る。
もっとも、それは家それぞれ。

我が家では、13日に外で迎え火を焚き、ごはんとお酒、お茶を供えた。
亡くなった祖父は酒飲みだった。
それに便乗して夫もとなりで一杯やっている。
祖父とお酒を飲む機会は無かったが、あの世とこの世の境目で
孫婿と酒を飲んでいるのかな。
じいちゃんよかったねー。

地方に住む人にとって、盆前に墓掃除は目玉の仕事。
稽古に来る女の子の実家では
御先祖様を連れ帰りに墓掃除に行くのだと言う。
墓を掃除した後は、洗い米に茄子とキュウリの刻んだものを
混ぜたものを墓の前に盛り、お供えとして
他のお供えものは控えめにするという。
色んなやりかたがあるものだ。
お茶を飲みながらそんな話をすると
いつまでもいつまでも話題が絶えない。

今日は13日。
商店街までの道中で、家々の門前におがらの燃えかすを発見する。
美しく拭き清められた古い家屋のガラスの戸下に炭の跡。
いつもより人気のない道を歩きながら
ちょっとだけ風情を感じる一瞬だ。

さて、送り火。
夫の実家では、この日に送り火と称して家族で花火をする。
懐かしそうにいつもこの話をする。
それを踏襲し、我が家も花火を楽しむつもり。


都会の盆もそう悪くは無いですよ。


引用文献:「聞き書 ふるさとの家庭料理 別巻祭りと行事のごちそう」
      農文協編 農山漁村文化協会 発行 205p
[PR]

by primenumber2 | 2009-08-13 23:25
2009年 08月 05日

盂蘭盆会

b0126166_21385569.jpg



もうすぐお盆。
帰省し、墓掃除にいくのが常だが、盆中に帰れない人も。
うちも諸用あって今年は居残り組。
亡くなった家族のために簡単な盆棚を作る事にした。

b0126166_21384197.jpg



お位牌がなくても盆棚を作る事が出来る。
経木に戒名か「俗名○○」と書いて飾り、送り火とともに焼く方法を
仏具店のご主人から教わり、主には大阪風に飾ってみた。
本来は、敷布は白だが、それはありもので。

盆飾りは地域や家によって様々。
稽古に来ていた方の話を聞くと、洗い米に茄子やキュウリを刻んで混ぜたもの
を供えたりする等、地方色があり興味深い。

そんな話はまた次回。
[PR]

by primenumber2 | 2009-08-05 21:47
2009年 08月 01日

怪談風にグロリオサ


b0126166_03935.jpg




グロテスクだけれど持ちが良くて、華やかなグロリオサ。
夏だし、暑いし、思い切りおどろおどろしく演出してみた。



b0126166_034445.jpg
 下からライトを当ててみると
 いつもと違った印象。
 レフ版を持ってくるのは面倒なので
 試しにやってみる。
 
 最近、大阪では集中豪雨が多い。
 家はジメジメ。花どこではない。
 亜熱帯化しているのかスコールのような雨で
 暑いし面倒だ〜なんて言ってサボっていると
 秋のいけばなが残念な感じになるので
 鈍らないように一応家でも活けている。
 
 8月のお稽古は
 まるまる休みの方もいらっしゃるけど
 キャリアの浅い私にそんな勇気は無い。
 
一週間休んでも結構ハラハラするのに。
 気小さすぎでしょうか。
 ふふふ。



 稽古で使ったグロリオサがなよっと頼りない感じだったので
 案外と、茶花で使う花入れがいいかも、とそろりを選択。
 そういうちょっと頼りない花の方が、こんな花入れには似合うような。
 お茶のお稽古で頼りなげな花が美しく見えるのを間近でみていると
 不思議だな、と妙に感動した記憶がある。
 
 いまでも不思議、不思議。


 
 
[PR]

by primenumber2 | 2009-08-01 00:55 | いけばな