<   2009年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 31日

一年を通して

b0126166_15595487.jpg





写真は新調する着物を試し撮りしたもの。
付け下げ。
初釜に間に合わず残念‥…。
[PR]

by primenumber2 | 2009-12-31 17:33 | その他
2009年 12月 29日

おもと


b0126166_1504680.jpg



正月、といえばこれ。
万年青、おもと、と読むこの花材。
万年青くておめでたい。

いけばなをする人にとっては、活ける事の難しい伝統花材のひとつで
某流派の師範資格をもつ私の母は
自分で活けさせてもらえず、先生の活けたものを
そっくり持ち帰って飾っていた。

他流には色んな決めごとが沢山あるようだが
草月流の万年青は比較的シンプルだ。

私はこの、一年に一回しか見ない万年青が好きだ。
これがあると和室がぴりっと引き締まる。
今年は、しだれ柳と合わせた。
ボケなんかも似合いそうだ。

年の瀬、今年は息つく暇もない。
それでも花に癒されつつ、なんとかやり過ごしている。
[PR]

by primenumber2 | 2009-12-29 15:11 | いけばな
2009年 12月 25日

師走


b0126166_12445934.jpg



師までが走る、とは良く言ったもので、兎に角忙しい今日この頃。
師走も下旬に入り、昨日はクリスマスだった。
節目の料理は律儀に手製、が信条。忙しくても作る。

ほうれん草キッシュ
パプリカのロースト
トマトクリームスープ
牡蠣のレモンのリゾット
ビーフステーキ、ポルト酒ソース

ワインとステーキ肉は貰い物。
今年は簡単なオーブン料理とイタリア風の惣菜が主で
ローストビーフを焼くよりは遥かに楽だった。

クリスマスの夕食を作りながらも
もう心は正月準備の段取りでいっぱいの今年。
やはり活ける花も正月花一色になっていた。

正月花の代表的な花材は、松、しだれ柳、蘭、水仙、金柑など。
松は依代の意味があるので、まっすぐ立てるのが基本。

しかし、洋風のしつらいに合わせるときは
花か、ニューサイランなどの葉もので骨組みを構成し
蘭やバラ、松などで装飾してもモダンな感じでよいと思う。

今年は試作を兼ねて既に10杯あまり活けたが
正月花は活けて足りる、ということのないほど
面白いテーマだ。

上の写真は水仙と稲穂を主にしたもの。
イギリスアンティークのマスタード瓶に活けた。
隣のガラス花器の花は玄関用。


金柑、水仙、稲穂、水引

胡蝶蘭、水引、しだれ柳、金柑
[PR]

by primenumber2 | 2009-12-25 13:01 | いけばな
2009年 12月 16日

クリスマスのいけばな


b0126166_21272021.jpg



引っ越して3週間。
あっという間にもう師走も中旬になってしまった。

お稽古はクリスマスの花にお正月の花。
いけばなでもクリスマスらしい雰囲気を出す事ができる。
上の写真は掛け花。
黄サンゴ水木をワイヤーで結わえ、リース風のオブジェを作り
玄関に掛けられるものを製作した。
生の植物はキャップを使い、保水し
枯れもの、ポプリはワイヤリングで留めた。
接着剤は無し。


和室のクリスマス花は少し工夫がいる。
デコラティブなヨーロッパテイストではなく
しつらいに合うクリスマス花が信条。
日本にもクリスチャンは大勢いる。

如何にも日本的に一本の花と枯れ枝。
クリスマスツリーに使う木製のサンタを先につけ
足下はサツマ杉。

日本には、プラ製のクリスマスツリーが普及しているが
私はあれがどうも好きになれない。
あれは本来、厄払いの意味があるので
ヨーロッパでは毎年新しく替え、焼き払う。
それを毎年使い回すのはちょっと抵抗があるのだ。

そんなときはモミの枝一つ、柊ひとつで
クリスマスの雰囲気が出せる。

アイデアはその人次第ですね。
[PR]

by primenumber2 | 2009-12-16 21:44 | いけばな
2009年 12月 03日

引っ越しました


b0126166_0124660.jpg




ずいぶんと更新が遅れました。
引っ越しのため、このところは慌ただしくしており
その上、新居にまだネット回線が引かれていないのです。

さあ、次の更新はいつになりますか‥…。

上の写真は新居での初めてのお稽古で活けた花。
門出の花はやはり胡蝶蘭がよい。
ねずみもちと胡蝶蘭を合わせ、古李朝の壷に活けてみた。

台もまた古李朝のパンダヂ、雑貨や本を入れたりする朝鮮の家具。
150年前に作られたものだそうだ。
この際!と思いきって購入。
やっぱり買って正解だった。

こうして少しずつ、道具が揃い、人も増え
だんだんと生活も人間関係もにぎやかになってきた。

神様を感じる。
神様のような、崇高さや慈悲を
身近な人に感じている。

神様は遠いところにいるのでなく、実は人自身なのではないか。
そんな風に思うとき、私は幸せ者だなあ、と感じる。





教室のHPの更新が追いついていませんが
最寄り駅は以前の教室と変わりません。
[PR]

by primenumber2 | 2009-12-03 00:36 | いけばな