晴耕雨読 雨のわブログ

petitrui.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 25日

ひなまつり 白酒風ひな酒

b0126166_0273453.jpg



暖かくなったと思ったら、今度は花粉の季節。
サプリメントの対策も遅めに始めたのが良くなかったか、すでに鼻はズルズル。
花粉症の症状は人様だけれども、私は鼻と頭(頭痛)にくるなあ。
そして、ちょっと息苦しい。
こんなときは、昼大人しくして胸椎
(背中から見て肋骨から上、首から下あたりの骨)のケアを受けると
呼吸がぐっと楽になる。
今日は施術の日だから、ちょっと楽になるだろう。


上の画像は、プレひなまつりで出した白酒風雛酒。

本物の白酒は実はアルコール度が高く、入手も困難。
その点、酒粕で作るひな酒は手軽でアルコールの調節ができるのも良い。

我が家でつくるのは酒粕とお砂糖、日本酒で作るもの。
甘酒と原料はほぼ同じ。
しかし、ベタベタした甘さがなく、大人でもおかわりする美味しさ。

普通の甘酒と比べると、日本酒の分量が多く
和三盆糖のふわっとした優しい甘みと口当たりがよい。
すり鉢を使って作るのがポイント。

材料
酒粕(なるべく大吟醸のもの)100g
日本酒 大吟醸 200ml
和三盆糖 20g
グラニュー糖 20g
水 200ml前後(好みにより調節)

b0126166_0334668.jpg

b0126166_034378.jpg


酒粕と大さじ1杯程の水を入れ、レンジで600w1分間加熱する。
酒粕をすり鉢にうつし、和三盆糖を入れ滑らかになるまですり混ぜる。
ダマが殆ど無くなったらグラニュー糖を入れてさらに混ぜ
少しずつ日本酒を加えていく。
油気の無い鍋にうつし、
混ぜながら沸騰直前まで弱火で加熱し、ストレーナーで漉す。


しかし、お酒が好きな人は、いっそのこと
百歳(ももとせ)に因んで、桃の花を浮かべてお酒を飲む「桃花酒」!

皆様、よいお節句をお迎えください。
[PR]

by primenumber2 | 2011-02-25 01:07 | その他
2011年 02月 22日

ひなまつり ひなあられに白酒でお祝い


b0126166_10521977.jpg



恒例になったプレひな祭り。3月3日の前倒しで先日の日曜日皆で集まった。
今年も皆で花をいけ、お茶や白酒を飲んでお祝い。
今年はアメリカ人のヨガ講師の女性がゲストで加わり
たどたどしく英語を話しながらも楽しい会でした。

b0126166_1052441.jpg



部屋に入って、落ち着くもつかの間。くじを引いて花をいける。
座敷の至る所に置いた花器に思い思いの花をいける。
トップを引けば緊張するし、中次ぎは花の分量を考えるし
最後のトリは皆がいけた花をまとめなければならない。

今年はゲストのアメリカ人、キャシーさんが半ばで花をすべて
使ったため、トリは皆のいけた分から少しずつ花をいただくことになりました〜。
トリは大慌てでした(笑)。
最後は美しく総まとめをしてくださった彼女。おつかれさまでした。

b0126166_10513681.jpg



関西と関東とではひなあられの味がちがう。
西は塩か、醤油味、東は甘い衣がかかっている。
ひなあられだけでは少し地味なため、今年はこんぺいとうや飴を混ぜてみた。
こぼれるような楽しみを枡いっぱいに、女子の幸せな一生を願って。

下が関西風。
b0126166_10514862.jpg


量が少なくても、枡を使えば大きく盛ることができる。

b0126166_10524393.jpg



お茶の主菓子。通常は皆同じものを菓子器に詰めるが
見本にするため数種入れた。
桃の形をしたのは「西王母」。桃の別名。
そぼろは「花咲き」、黄色い方が「菜の花」。
おひな菓子で定番は、はまぐりの形をした「貝合わせ」などがある。

b0126166_10523112.jpg



吊り雛は4月まで飾り、降ろせば間もなく端午の節句がやってくる。
暖かくなる日も近い。
[PR]

by primenumber2 | 2011-02-22 11:59
2011年 02月 14日

いけばな男子 募集中

最近、男子が我が教室に加わりました〜。

ある日、他の生徒の紹介でひょこっと現れたいけばな男子、宮元君
きっちり毎週通って淡々と上達していきます。
花型を活けても、可愛い、よりはスタイリッシュなものが出来上がり
大変稽古を盛り上げてくれる彼です。

作品をちょっとご紹介。

b0126166_1544261.jpg
 アンスリウムを主にして
 グリーンを強調


b0126166_15441253.jpg

春の花もきりりとモダンな感じで



いけばな教室というと、女の子のイメージをもたれる。
しかし意外にも、女性がいけばなを始めたのは江戸時代に入ってから。
遅いのです。
それ以降も、お茶お花を教えるのを務めとする武家の家柄では
やはり男性がいけばなを教えていた。
もちろん、男性のたしなみとしてのいけばながあった。

いけばな流派の家元も男性が多い気がします。
最近は、オトコマエと騒がれる華道家も。

別路線の、女性らしい?いけばな男子も勿論存在しますね。
年配の女性の輪の中でお喋りに花を咲かせる、華やかな男性を時々見かけます。
あの適応力はすばらしい、類い稀な才能を感じます。


と、いうことで、いけばな男子募集中。
[PR]

by primenumber2 | 2011-02-14 16:01 | いけばな
2011年 02月 03日

アメリカ

b0126166_11183277.jpg



1月中旬の一週間をアメリカで過ごした。


旅行もホテルも苦手な私。
研修旅行とはいえ、よく頑張りました。
自分を褒めてやりたい‥…。

アメリカ、ラスベガスは治安がよく、道も街も清潔感がある。
建物は独創的で輝きに満ちているが、その外にある広野を想像すれば
どことなく淋しい感じもする不思議な場所。
日が沈む時間帯は空が美しかった。
[PR]

by primenumber2 | 2011-02-03 11:47 | その他