晴耕雨読 雨のわブログ

petitrui.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2014年 06月 13日

雨の頃、午後の中国茶

b0126166_15492184.jpg



雨の頃は意外と身体が冷えるもの。
雨降りに遭った日の午後は中国茶で一服。身体が温まる。

雨も降り始め、これからもうひと雨来そうなときは、緑茶や青茶。
安吉白茶、文山包種、阿里山烏龍茶
緑茶は身体を冷やすので、飲み終わる頃は身体も涼しい。

雨降り後に冷え込む頃は、紅茶や密香茶もいい感じ。
発酵したお茶は身体を温めるので
飲んだ後もポカポカが続く。

最近は美味しい月餅やパイナップルケーキも身近に手に入る。
東京はにわかに台湾のお菓子も人気というし。

暑くなり、梅雨が始まり、身体を壊しやすいこの頃。
時々は遊びもそこそこに雨の日は家に巣ごもって過ごすのも楽しい。
[PR]

by primenumber2 | 2014-06-13 16:03 | その他
2014年 06月 09日

名前を付ける 名づけはもう一度生まれ変わること

b0126166_2103879.jpg



いけばなには雅号という名前をもつ習慣がある。
ペンネームみたいなもの。
 
私は、先生に一文字もらい、雨女なので、雨とついている。
韓国や中国で女の子の名前に雨が使われるが
日本では珍しいらしい。

時々、韓国の人ですか?と聞かれる。

雨は草木を潤し、育てる。
最近、盛んに雨が降って、ベランダの草木が傷まないか心配したけれど
雨後の草木の成長はすごいものだった。
雨のあとはいつもより草木の肌が青々と輝いて
体も大きくなった。 2日ほどで20センチ以上も丈が伸びたものもある。
すごいなあ、すごいなあと感心するばかり。

こんな雨の威力を感じて、私はなんとなく自分の名前が誇らしく、いとおしくなる。

盛んに恵みの雨を降らせるそんな人になれたらなあ、と思う。


そして、私の名前を一文字もらって雅号を作る女の子たちに
雨の文字は結構人気です。











因みに
ある程度のところまでお稽古が進むと、草月流では師範資格取得前に名前がもらえます。
[PR]

by primenumber2 | 2014-06-09 21:04 | その他
2014年 06月 09日

グロリオサは今

b0126166_1822890.jpg




お稽古の花のバリエーションは、通年だいたい決まっている。
やることは決められていないけど、何となくこれは活けとかなきゃ
というもの。
しかし、お稽古の花の世界とハレの日に使うような花はまた違う。
百合や、胡蝶蘭やカトレアなんかは、また別格。

上の赤い花、グロリオサもその一つ。
百合の仲間で、生花スタンドによく入っているやつ。

これは、普段カサブランカ級のお値段なのでお稽古には出ない。
しかし例外的に今は旬。
結構安く手に入るので今月はお稽古に登場しました。


b0126166_18223298.jpg




草月流の現家元、茜家元はグロリオサを好み、展覧会では多くの人が
グロリオサを使った作品に挑戦する。
そんな事情で、草月流の展覧会は、結構な数のグロリオサ作品が楽しめます。

トリビア。


アスパラ、グロリオサ、デルフィニューム
ニューサイラン、デルフィニューム、クレマチス
[PR]

by primenumber2 | 2014-06-09 18:35 | いけばな