晴耕雨読 雨のわブログ

petitrui.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2016年 06月 09日

誕生木を植える

b0126166_11093637.jpg



母が杏の実を送ってくれました。
お菓子の入っていた丈夫な箱に丁寧に詰められたこの杏は、私が生まれた記念に植えられた木から採れたものです。小さな時からこの木に登り、青い実をすり潰したり集めたりして遊んで過ごした想い出がよみがえります。

紅く色づいた実ですが、食べてみると香りも味も水っぽい。きっと母は雨上がりに思いついて採ったのかと想像します。
雨の日にふと娘の事を思い出す。雨上がりに庭に出てみると杏の実はいくらか残っている。

母がどんな想いを巡らせたか。

私の誕生日は冬。その日には何も言って来ない母ですが杏の実が実る頃、花の咲く頃、紅葉する頃、季節折々に私を思い出している。この素朴な贈り物のやり取りは、とても母子らしく感じられます。

届いてさっそく玉青に供えました。





[PR]

by primenumber2 | 2016-06-09 10:31
2016年 06月 09日

ポチ袋

b0126166_00344359.jpg


先代の宏家元の時代のテキストには、平面分割というカリキュラムがありました。
四角い空間を区切って小さな四角形の集合を作る。円,曲線のバージョンもありました。
四角い画用紙に四角形を書くと、四角と「四角以外のところ」ができ、直線を足すと新しい四角が出現します。空間の中で「何か」を足すと「それ以外の部分」は「何か」の分だけ減ることになる。この考え方は「無い」部分への意識の重要さを教えてくれます。
「無い」は厳密に言うと「無いがある」状態。
数学の言葉では「空集合が存在する」と端的に表す事ができます。
私達が見ている花も同じで、「場」と区切られたなかに花が占めている部分があり花の無いところは「無い」がある部分といえます。「無い」部分に意識を持っていくことで、作品に広がりが生まれる、行間を詠むような「いけばな」の美しさはそこが起源なのかもしれません。

さて平面分割の話に戻ります。
これを行う場合は、画用紙にポスターカラーを使って描くのが基礎ですが応用的にはパッチワークや弁当詰めでも同じ事が出来ます。
私は、これが好き。
いろんなパターンの紙を組み合わせてテープのりで張り合わせたポチ袋制作。ショッパーを分解したり千代紙を用いたり。張り合わせるだけでなく、折って気に入った模様を出したりして楽しみます。折っている間にコントロールできるようになるのが楽しいのです。
今回は衣装香を入れてプレゼントする為に作った為、和風モチーフ。着物の柄あわせを意識して。






[PR]

by primenumber2 | 2016-06-09 00:20
2016年 06月 07日

6月のお稽古

b0126166_15530579.jpeg

6月のお稽古スケジュール

水曜日 18時〜22時
6月1日 6月2日 6月22日 6月29日

木曜日 18時〜22時
6月9日 6月23日 6月30日

土曜日 11時〜13時 14時〜17時
6月11日 6月18日 6月25日

着付け教室

日曜日 14時〜16時30分
6月5日 6月19日

着付け教室は来月から平日クラスができます。
チケット制 1500円
予約制

初めての方はまずお問い合わせください。












[PR]

by primenumber2 | 2016-06-07 15:52
2016年 06月 07日

梅雨入り

b0126166_15332771.jpeg

ここしばらく眠らせてあったブログを復活させます。
教室のスケジュールもアップ致します。ご覧くだ


[PR]

by primenumber2 | 2016-06-07 15:46 | おしらせ